Style Chihaya | Style Ritsuko

2009年03月24日

アイマスSPプレイログ Act.2

ども。
毎日3週ほどちまちまと進めてます。千早プロデュース。
SPの千早がなんとなく物腰が柔らかくなった気がするのは気のせいでしょうか。
それとも俺が千早の事を掴みかけているのか…?それは思い上がりだねw

----------
一日の仕事を終えて、765プロ事務所を出る。
ふぅ。1年ぶりのプロデュースは疲れるなぁ。

ポーズレッスンがあんなにアグレッシブなものとは思わなかったし、
対応する色と方向がまだ頭に入ってないから
千早にはうまく指示が出来なかったな。なんとか、ノーマルだったけど…。

そう考えながら階段を下りると千早がいる。
「千早?どうした?忘れ物か?」
『はい。練習用の楽譜を事務所の中に忘れてしまって…。』
「んじゃ、俺が取りに行ってくるよ。」
『そんな、申し訳ありません。』
「いや、千早だって疲れてるだろ?それにこれも俺の仕事。」

そう説き伏せて階段を上り、事務所に戻る。ええと、楽譜楽譜…。

「むにゃむにゃ…」

!?
誰もいないはずの事務所に誰かいる?
思わず自分の脳裏にMGSの警告音が響いてしまった。
ふと見ると、ソファの上で気持ちよさそうに眠ってる女の子。
彼女を起こさないように楽譜を探す。
だが、次の瞬間何かを蹴飛ばした。なんだこれは?

「…あふぅ」
まずい。起こしてしまったか。

彼女は俺を見るなり何かまくし立ててきた。
なんでも、このおにぎり型マスコットを蹴った人が
彼氏になるとかなんとかという、それは夢のあるお話だ。
俺はただ千早の楽譜を探しに通りすがっただけなのだが。
聞けば、彼女の名前は星井美希。765プロでまだデビューを待つ段階なのだそうだ。
まだ社長のお許しはいただけないらしい。

俺の何が気に入ったのか、美希は俺にプロデュースをして欲しいと持ちかけてきた。
第一、俺はまだ千早のプロデュースを始めたばかりだ。そんな簡単に変われるわけが無い。
つうか変わりたくないし。俺に一目ぼれするなんて、ばかなの?死ぬの?マニアックなの?
おにぎり好きなら楽天の鉄平と仲良くなれると思うよ?

はっ!千早の楽譜を探さなくては。
こんな寒空の下で何分待たせてるんだ!冬の北海道なら拷問だ!
楽譜を見つけて美希と別れ、階段を駆け下りた。

「すまない千早。時間がかかっちゃったな。はい、楽譜。」
心配そうにこちらを見る千早にいきさつを話す。
『星井美希ですか?』
千早も美希の才気は認めているようだ。時々人をハッとさせる歌を歌う、天才型なのだという。
いつか同じ舞台で戦う事になるであろうその時を楽しみにしながら、
その反面、不安も覗かせた。

千早とは途中まで一緒に帰る事にした。
帰り道、千早に俺の携帯のメアドを教えておく。
何かあったとき、取り留めの無い事でも気楽にメールしてくれれば、と。
----------------

はい、星井美希ちゃん登場ですよ。
SPの美希、ゆとってますね。2,3発引っ叩きたい位w
この後961プロへ移籍するわけですが、高木社長との確執や
千早と美希の思いの交錯の行方、気になります。
ただね、アイドルアルティメイト予選で美希が言った台詞、
俺は聞き捨てならねぇ!って思った箇所があって。

テメェ、千早の歌への意気込みをバカにするか!?

ってキレかけましたw
美希には他意はないだろうし、まだ美希の思うところが理解できてないので
キレるには早いんだろうけどさ。
俺はちょっと千早にのめりこみすぎですかね。

ちなみに千早のメアド買いました。これでDLC愚民の仲間入りだ!

今日はここまで。
posted by 古木@ at 01:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116125416
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。