Style Chihaya | Style Ritsuko

2008年09月30日

NicoM@S巡回記 #12〜完結!

どもっ、古木@です[ `↓´]ノ
すっかり見る専しちゃってますw
そんな中、個人的に注目していた架空戦記が遂に完結を迎えました。
一視聴者としては寂しいですが、
何はともあれ「お疲れ様でした!」と、いうわけでご紹介してみる。

曹操がプロデュース業を始めたようです ED:孟徳P


iM@S架空戦記シリーズ創成期からはじまったこの作品も遂に完結。
待っていたぞ!孟徳P!!(CV:無双惇兄)
…と言えなくなるのが寂しくもあります。

新旧ネタの守備範囲の広さ、戦闘前・合間の紙芝居のストーリー、
そして"心はいつも17歳"曹操と夏候惇の二人のやりとりや
ガチムチ袁紹や愚民化武安国など濃いキャラクターまで
三国武将にもスポットライトを当てられていた楽しい作品でした。
曹操と惇兄の描写はiM@S架空戦記では随一だと思う。

こうして架空戦記にハマったおかげで三国志買っちゃったんだぜw
そして事後承諾という形で疑似M@Sにもさせていただきました。
勢いでやった所業ですが、改めてお礼とお詫びを申し上げまする。
完結、お疲れ様でした!

(三国志IX)千早さんが活動の場を世界に移すそうです 最終話:半目P


半目物欲魔王皇帝千早ちゃんの物語も完結。
三国志系架空戦記が揃ってきた中で、登場アイドル全員が(春香さん除く?)
半目なのがインパクトありましたね。マジで千早さん黒すぎますw
いつしか物欲魔王と呼ばれるまでになった千早のアイテム没収と
合間の会話の学級崩壊加減とネタ全開で楽しい作品でした。
まさか、ああいう展開になろうとはね・・・w

iM@S演義 第百三十回:うさちゃんP


いよいよ最終局面のiM@S演義。アイドルと三国武将との別れが続きますが、今回は律子と馬超編。
りっちゃんの揺れ動く心の描写がもどかしくもいいですね。
リッチャンハ、カワイイデスヨ。
どんな形で物語の結末が描かれるのか、こちらも目が離せませんね。
Pとアイドルの運命やいかに?

今回はここまでー。
posted by 古木@ at 22:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NicoM@S巡回記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107386317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。